即時荷重インプラント

インプラントの治療法のひとつである「即時荷重インプラント」。たった一度の治療で、インプラントの埋め込み、仮歯入れまでを行い、手術当日から食事ができるようになります。このページでは、即時荷重インプラントについて、詳しい手術の説明とメリットやデメリットなど詳しくご紹介しています。

監修医より

即時荷重インプラントをフラップレス手術ですることでより痛みが減る

即時荷重インプラントは、あごの骨に穴を開けてインプラントを埋め込み、その後すぐに土台となるアバットメントと仮歯をつける方法です。従来のインプラント治療と比べて通院回数が少ないのが特徴で、交通費による金銭的な負担や通うことによる心身への負担を抑えることができます。噛むためのものではなく、審美的や発音を重視したものとなっています。その為、術後すぐに咀嚼能力が正常化するわけではありません。

滝澤理事長の在籍する
クリニックHPを見る

滝澤聡明理事長 滝澤聡明理事長
医療法人社団明敬会 滝澤理事長

即時荷重インプラントとは?

即時荷重インプラントとは、インプラントの埋め込みと同時に仮歯まで入れる治療のこと。手術した日から柔らかいものなら噛むことができ、歯のない期間がないため見た目も美しいことが特徴です。

通常のインプラント治療では、インプラントを埋め込んでから、骨とインプラントがくっつくまで2~6ヶ月待ったあと、インプラントと人工歯の連結部分を装着して、ようやく人工歯を入れます。その間トータルの治療期間は3~10ヶ月。長い期間、歯のない状態で過ごさなければなりません。

治療にくわえて顎の骨を増やす処置も行っている場合は、さらに時間がかかります。また、何度も切開するためそのぶん痛みや腫れがあり、患者さんにかかる負担が大きいことも課題です。

しかし即時荷重の場合は、1回で複数の処置をするため治療期間が大幅に短縮されます。治療中でもふだん通りの生活ができるという点で、患者さんの肉体的・精神的負担が軽くなる治療だと言えるでしょう。

即時荷重インプラントのメリット

通常なら2回に分ける必要のある手術を1度で終えられるので、治療期間が大幅に短縮されます。

固いものでなければ手術をしたその日から食べられるので、ふだんと変わらない生活を送れることもメリット。すぐに歯を手に入れることができ、見た目の面でも自然できれいです。

即時荷重インプラントのデメリット

治療期間が長いというインプラントの大きなデメリットを解決するために行われる手術なので、デメリットはほとんどありません。しかし技術的に大変高度なものが必要とされるため、そうした技術を持った歯科医でなければ成功率は著しく劣るといわれています。

また、患者さんの骨の状態によっては即時荷重インプラントができないこともあります。

即時荷重インプラント流れ

即時荷重インプラントでは、歯科用CTスキャンなどによる精密な検査が必要です。即日で仮歯を装着するには、初期固定が重要ですから顎骨の状態がよくなければこの術式はできません。手術が実施となったら、フラップレス手術ならサージカルガイドでインプラント体を埋入していきます。通常の術式では歯肉を切開して埋入します。手術後はしばらく休憩をとってから仮歯の装着をします。当日は柔らかいものでしたら食べられますが、初期固定の具合によってどれくらいの負荷をかけてもよいのかが決まります。歯科医師の指導をしっかりと守りましょう。

即時荷重インプラントが向いている人

  • 骨の量や質が十分な人
  • 見た目が気になる人
  • すぐに食事を楽しみたい人

即時荷重インプラントを成功させる条件は、歯科医の高度な技術と多くの施術経験であることは言うまでもありませんが、大前提として患者さんの骨質が良くなければ治療ができません。

即時荷重を望んでも、インプラントを埋入する場所の骨質が即時荷重に適切かどうかを診断する必要があります。そのため、さまざまな検査の結果を総合的に判断してからということになるでしょう。十分な顎骨ではないのに即時荷重を行ってしまうことは、たいへん危険です。

即時荷重インプラントが向かない人

  • 抜歯が受けられない健康状態の人
  • 骨粗しょう症で治療薬としてビスホスフォネート製剤を使用している場合
  • 金属に対してアレルギーのある人

患者さんの顎の骨の状態(骨量や骨密度など)が条件の整った顎でなければ適用できない点は、従来のインプラント手術と同様です。 

即時荷重インプラントのダウンタイム・痛み・価格

通常のインプラント手術と比べて歯茎を切開する回数が少なく済むため、ダウンタイムの期間も短縮されます。

インプラントと骨がくっつくまで2~6ヶ月ほど待ってから最終的なセラミックなどの人工歯を取り付けるのは、通常の方法と同じです。しかし、即時荷重ではその日に噛めるようになるので、ダウンタイム=歯がない期間と考えると、ほとんどありません。

自由診療なので、費用はインプラントをする範囲や難易度によって異なりますが、約40万円が相場のようです。骨が足りないときの骨の再生手術の費用や麻酔代が含まれていないこともあるので、事前に確認するようにしてください。

明敬会の即時加重インプラント

費用を抑えられる、身体への負担を軽くできるなど多くのメリットがある即時荷重インプランですが、明敬会でも治療できることは知っての通りです。使用するインプラントは「ノーベルバイオケア社」のみとしています。即時荷重インプラントの先駆者ということもあり、品質は高く審美性も高い特徴を持っています。世界的にも知名度の高いメーカーでもあることから、また違った安心感を得ることができます。

また、ノーベルバイオケア社のインプラントは、しっかりと臨床研究が行われており、承認を受けて使用しているため安心感もあります。費用は1本80,000円です。

当然、即時荷重インプラントにて治療した場合も、術後のメンテンナスは重要になってきます。明敬会では、こちらもしっかりと行っていきます。

費用情報

  • NEODENT社GM Helix(ブラジル製):インプラント本体170,000円、アバットメント(土台) 60,000円
  • ストローマン社SLA ACTIVE(スイス製):インプラント体200,000円、アバットメント 60,000円
  • ノーベルバイオケア社ACTIVE(スイス製)インプラント体 190,000円、アバットメント 60,000円
  • オステム社 TSⅢA(韓国製):インプラント体130,000円、アバットメント50,000円
  • 松風バイオフィックス社BIOFIX(日本製):インプラント体170,000円、アバットメント(土台)60,000円
  • ノーベルバイオケア社パラレルCCインプラント体 190,000円、アバットメント 60,000円
  • 松風バイオフィックス社BIOFIX(日本製):インプラント体 170,000円、アバットメント(土台)60,000円

オススメのメーカー

外科手術、治療回数を減少、治療期間・手術時間短縮、すぐ土台と仮歯を入れたい方、安全な外科手術を望む、痛み、腫れを最小限にしたいといった方におすすめ。ネジ山が大きく、ドリルによる骨の切削量を最小限に抑えられるのが特徴。

  • ノーベルバイオケア社ACTIVE(スイス製)インプラント体 190,000円、アバットメント 60,000円

ストローマンのセカンドラインとして、令和元年6月、日本でも承認済み。注目の新しいインプラントです。

  • NEODENT社GM Helix(ブラジル製):インプラント体 170,000円、アバットメント(土台) 60,000円。

ヂュアルスレッドで柔らかい骨から硬い骨まで様々な骨質に対応するので、即時荷重・抜歯即時に最適。

手術の費用

8万円(ノーベル・バイオケア社製のみに対応)

手術の費用例

アバットメント:6万円

被せ物:ジルコニア・5万

手術費用:手術準備管理費+抜歯即時・10万

合計:40万

即時荷重インプラントの症例

高齢女性に対する即時荷重インプラントの症例

症例の患者は、80歳の女性になります。下の入れ歯が合わなくなり動いてしまうと訴えがあり、喋りづらかったり、食べづらかったりと、生活に支障がある状態です。初診の2ヶ月前に、切歯、犬歯、臼歯を抜歯し、全部床義歯を制作しますが、どうしても安定しませんでした。

口腔内は、清掃状態は普通ではありましたが、下顎の臼歯部が既に溶解され低く平らな状態です。加えて、幅は狭く、非可動性粘膜の幅も十分ではないことも診察時に分かっています。その結果、構音・咀嚼障害と診断されます。その結果、全部床義歯では患者の要望に応えることができないと判断し、即時荷重インプラントの実施を決めます。

本患者のケースでは、2本の直径4.0mm・長さ18mmのインプラント体を埋め込むことになります。手術は歯肉パンチにてパンチングを行うフラップレスにて対応します。その後、術後外来にて、磁石を義歯に入れて即時荷重を行います。結果は良好で、術後、約2年半もの間、問題ない状態を保っています。

即時荷重インプラントは、口腔内に大きな障害がある患者にとって、短期間で良好な改善を見せることが分かった結果を得ています。特に、外科的侵襲度や治療費に関して大きなメリットがあることが証明されています。

また、効果を得ることができたため、今後も更に多くの症例を作って治療を確立していくことが大切と、最後にまとめてあります。ここからも、即時荷重インプラントがさらに高い効果が期待できる治療になると予想できます。

出典:日本口腔インプラント学会誌:新たなOHIP解析方法を用いた即時加重インプラントオーバーデンチャーのアウトカム評価

【滝澤先生に聞く】即時荷重インプラントのFQA

即時荷重インプラントが出来る人は?

骨の量が十分で、骨質も十分な人であれば施術が可能です。

どんなことをするのか?

最初に口の中のクリーニングをし、専用の電動注射器を使って麻酔をします。手術の翌日には消毒と洗浄し、さらに1~2週間後には抜糸を行ないます。最初の1ヶ月は週1回の頻度で消毒、その後は1~2ヶ月に1回のペースで経過観察します。環境が整ったら、義歯やアバットメントの装着の準備、定期健診などの段階へ徐々に移っていきます。

手術の流れ

カウンセリングと検査の結果を見て、患者さんの健康状態にあった治療プランを立てていきます。施術後は消毒と抜歯をして口腔内の治癒を待ちアバットメントの装着に移ります。その後は義歯の装着へ入り、定期的なメンテナンスや検診の計画も入っていきます。

監修者紹介

滝澤聡明

滝澤 聡明医療法人社団明敬会 理事長

滝澤理事長の運営するクリニックでは、全国のクリニックでも数少ない「全症例の9割近くをフラップレス手術で行っている」クリニックです。

患者さんのためになる施術・カウンセリングを心がけており、フラップレス手術を推進するのもその思いがあってこそ。

「医療は絶えず変化するもの。だから自分の医院の診療もその変化に必ずついていく」という考えのもと、新しい技術を積極的に取り入れています。

監修者情報はこちら>

運営者情報

ヘルスケア編集部全研本社株式会社

歯を失った場合の治療として、主流になりつつあるインプラント治療。しかしフラップレス手術は、ネット上はおろか書籍でもまだまだ情報が少ない治療方法です。

「メスを使わないインプラント」は、我々患者にとってメリットが大きいはず。そこで当編集部は、フラップレス手術を前面に押し出している医療法人社団明敬会に取材を申し込みました。

運営者情報はこちら>

免責事項

切らないインプラント施術 フラップレス手術のすべて
監修:医療法人社団 明敬会

タキザワ歯科クリニック
03-3685-1444

湘南藤沢歯科
0466-37-3090

一般的な費用相場
190,000~400,000円程度(税抜)
※インプラント1本の埋入価格

【インプラント治療にかかる期間】
インプラント治療にかかる期間は、平均6ヶ月~12ヶ月。

主なデメリット
歯茎の骨の形状、神経の走り方によって受けられない人がいる。

Twitter
Facebook