デンツプライ社のインプラント

東京に本社を置くデンツプライ社は、アストラテックをはじめとした質の高いインプラントを多数販売しています。ここでは、アストラテックをはじめ、3つのインプラントについてまとめました。

デンツプライ社について

グローバル企業として、世界中の人々の口腔環境を守るために、歯科医療の発展に繋がるような研究を行っている企業です。デンツプライ社は複数のインプラントブランドを持っています。所有しているブランドは、アストラテック、ザイブ、アンキロスが有名です。

医療従事者へ向けた啓蒙活動にも積極的で、インプラントや歯の健康を保つために必要な知識が学べるセミナーを毎月開催しています。

アストラテックのインプラント

安定性と耐久性に優れた、デンツプライ社の主力となっているインプラントです。30年以上もの間、多くの患者の口腔状況を改善し、1,000以上の論文が発表されてきました。速やかに、そして、強く骨と結合する技術を採用しています。

また、人工歯根の形状が一部削られた状態になっているのがアストラテックのインプラントの特徴です。きちんと埋め込むことで、上部構造が作りやすいというメリットがあります。

アストラテックのインプラントの種類

アストラテックのインプラントはチタン製やステンレス製で、治療を行う部位の状態や大きさ、形状に合わせて製品を選べます。

どのインプラントを選んでも、審美性が高く、機能面でも不自由しません。治療から5年後でも美しさを保つのがアストラテックのインプラントの特長で、インプラント治療の効果を長く楽しめます。

ドリルのラインナップが豊富なので、治療を行う部分の状態に合うドリルが見つかります。ピッタリ合うドリルで治療を行えれば、複雑な手術を避けることもできるでしょう。

参考元:デンツプライ社「アストラテックインプラントシステム」

アンキロスのインプラント

骨吸収を抑えることで、長期的に安定させるインプラントです。アンキロスのインプラントも30年以上にわたって歯科医療の現場で用いられてきました。

スクリュータイプで、骨への荷重を分散できるねじ山が特徴です。歯根部と支台部の接する場所が円すいになっているため隙間なく接合でき、細菌が入り込んで感染や炎症が起こるリスクが軽減されます。

アンキロスのインプラントの種類

アンキロスのインプラントもサイズや部位ごとの製品がそろっています。そのなかでも特徴的なのが、インプラント体周囲の上皮・結合組織がとても薄い場合にも利用できるパーツがあることです。組織の形成にも対応できるので、インプラントが安定します。

アンキロスのインプラントは1回法と2回法の両方の手術法に利用できるので、患者の要望に柔軟に応えられます。ほかにも、アバットメントの固定方法は、セメント固定式やスクリュー固定式、アタッチメント固定式のそれぞれに対応。患者の症状に合わせて最善の治療法を選べるでしょう。

参考元:デンツプライ社「アンキロス」

ザイブのインプラント

歯が1本もない状態でも治療を行えるインプラントです。骨の細胞にくっつく「PLIS」と呼ばれる表面性状を活用し、結合を速めます。従来の治療よりも、1~2ヶ月ほど治療にかかる期間が短いです。

また、抜歯した日に埋め込むと、初期固定が強固になります。直径3mmの極細サイズもあり、顎の骨が細いために骨の増大手術が必要になるようなケースでも埋め込み可能です。

ザイブのインプラントの種類

ザイブのインプラントはそのバリエーションの豊富さから、インプラント治療の選択肢の幅を広げます。パーツの長さが選べるので、顎吸収が進んで骨構造手術が必要になるような状態であっても、外科手術をせずに済むでしょう。

骨質が硬くても柔らかくても柔軟に対応できるのがザイブのインプラントです。インプラントの細さも選べ、施術のスペースが少なくてもインプラントを挿入できます。ほかのメーカーのインプラントでは治療ができない症例でも、ザイブのインプラントなら対応できるかもしれません。

参考元:デンツプライ社「ザイブ」

監修者紹介

滝澤聡明

滝澤 聡明医療法人社団明敬会 理事長

滝澤理事長の運営するクリニックでは、全国のクリニックでも数少ない「全症例の9割近くをフラップレス手術で行っている」クリニックです。

患者さんのためになる施術・カウンセリングを心がけており、フラップレス手術を推進するのもその思いがあってこそ。

「医療は絶えず変化するもの。だから自分の医院の診療もその変化に必ずついていく」という考えのもと、新しい技術を積極的に取り入れています。

監修者情報はこちら>

運営者情報

ヘルスケア編集部全研本社株式会社

歯を失った場合の治療として、主流になりつつあるインプラント治療。しかしフラップレス手術は、ネット上はおろか書籍でもまだまだ情報が少ない治療方法です。

「メスを使わないインプラント」は、我々患者にとってメリットが大きいはず。そこで当編集部は、フラップレス手術を前面に押し出している医療法人社団明敬会に取材を申し込みました。

運営者情報はこちら>

免責事項

切らないインプラント施術 フラップレス手術のすべて
監修:医療法人社団 明敬会

タキザワ歯科クリニック
03-3685-1444

湘南藤沢歯科
0466-37-3090

一般的な費用相場
190,000~400,000円程度(税抜)
※インプラント1本の埋入価格

【インプラント治療にかかる期間】
インプラント治療にかかる期間は、平均6ヶ月~12ヶ月。

主なデメリット
歯茎の骨の形状、神経の走り方によって受けられない人がいる。

Twitter
Facebook