京セラ(POIインプラント)

POIインプラントは、京セラが作っている製品となります。

京セラといえば、スマートフォンだったり、太陽光発電だったり、家電製品のイメージが強いですが、実は、インプラントメーカーとしても活躍をしています。

様々な分野で培ったノウハウも生かされていることもあり品質は高いです。

ここで紹介する4つのインプラントは厚生労働省から認可が下りているものになります。

京セラのインプラント製品

FINESIA

FINNESIAは、ボーンレベルタイプ、ティッシュレベルタイプ、1ピースタイプの3つのタイプから選ぶことができます。

プラットフォームスイッチングにも対応しているため歯槽骨の維持や歯肉の安定を期待することができます。

また、マイクロスレッドにて、荷重を骨へ効率的に伝達することで、応力が集中することを避けることも可能です。

POI System

POI Systemの最大の特徴は、シンプルなシステムになっているインプラントだということです。

例えば、ドリリングシステムが、たった3本で、インプラント高の形成ができることが挙げられます。

他にも、2ピースタイプの場合、径が3種類も用意されており、キャップや上部構造パーツを共通して使うことができたりもします。汎用性が高いシンプルなインプラントです。

POI EX

POI EXは、様々なシステムを用意していることが特徴です。

例えば、フィクスチャーやカラー部の高さは3種類が用意されていたり、術式も1回法と2回法が対応できるようにしてあります。

他にも、キレイな歯として魅せれるように、簡単なティッシュマネージメントすることも可能としています。医療従事者、患者と両者の視点から選択肢を増やしてくれています。

EMINEO

EMINEOは、その名の通り「優れた」インプラントとなっています。

何が優れているのか?ですが、医師側視点で言えば、操作性が長けていること、患者視点からいえば、埋め込みが容易となっているため負担が軽いなどが挙げられます。

初期固定が容易にできるようにネック部がフランジ形状で、かつストレッチデザインにしているため、容易性を実現しています。

明敬会の
インプラントの費用を見る

監修者紹介

滝澤聡明

滝澤 聡明医療法人社団明敬会 理事長

滝澤理事長の運営するクリニックでは、全国のクリニックでも数少ない「全症例の9割近くをフラップレス手術で行っている」クリニックです。

患者さんのためになる施術・カウンセリングを心がけており、フラップレス手術を推進するのもその思いがあってこそ。

「医療は絶えず変化するもの。だから自分の医院の診療もその変化に必ずついていく」という考えのもと、新しい技術を積極的に取り入れています。

監修者情報はこちら>

運営者情報

ヘルスケア編集部全研本社株式会社

歯を失った場合の治療として、主流になりつつあるインプラント治療。しかしフラップレス手術は、ネット上はおろか書籍でもまだまだ情報が少ない治療方法です。

「メスを使わないインプラント」は、我々患者にとってメリットが大きいはず。そこで当編集部は、フラップレス手術を前面に押し出している医療法人社団明敬会に取材を申し込みました。

運営者情報はこちら>

免責事項

切らないインプラント施術 フラップレス手術のすべて
監修:医療法人社団 明敬会

タキザワ歯科クリニック
03-3685-1444

湘南藤沢歯科
0466-37-3090

一般的な費用相場
190,000~400,000円程度(税抜)
※インプラント1本の埋入価格

【インプラント治療にかかる期間】
インプラント治療にかかる期間は、平均6ヶ月~12ヶ月。

主なデメリット
歯茎の骨の形状、神経の走り方によって受けられない人がいる。

Twitter
Facebook