NEODENT

NEODENTは、世界3大インプラントメーカーに数えられ、数々の実績を誇るストローマンの子会社として誕生したインプラントメーカーです。

2019年6月に日本でも承認され、続々と利用する歯科医院が増えています。それだけ"待ちに待った"といったところで、その確かな品質には「素晴らしい」の一言です。

品質が高い理由は、LAPEOとパートナーシップを結んで開発をしたからと言えるでしょう。

NEODENTの特徴

アバットメント(土台)とインプラント体(フィクスチャ)の結合部分をより簡単に美しく

16°のモーステーパーを持っているインプラントになります。16°はかなり深い構造であり、機能性はもちろんのこと、審美性に優れたモノに仕上がっています。

また、回転防止機構も盛り込まれており、歯のぐらつきを防ぐこともできています。

見出しに記載した通り、これアバットメントとインプラント体の結合部分に工夫を凝らした結果であり、特徴として挙げられます。

豊富な補綴オプション

NEODENTは、補綴プラットフォームの豊富さも1つの特徴です。

簡単に言えば、インプラントの大きさに囚われず、様々な選択肢の中から、容易に治療できる準備が出来ているということです。

効率性も生むことに繋がり、早期の治療も可能となるため、医師も患者の負担も軽減できます。

NEODENTの商品

GM Helix

GM Helixの特徴はなんと言っても「汎用性の高さ」です。どのような骨質タイプにも対応することが可能となっています。

その結果、効率性も高くなり、素早い埋め込みなどが可能となり、患者へかける負担も軽減することができます。

コンセプトは初期固定をしっかりと行うことで、こちらも実現しているため、安心感もあります。ちなみにですが、明敬会では、こちらを使用します。

Neo Poros

表面性状を工夫したことで、治療の効率性をさらに高くしてくれています。

というのも、粒状の酸化物を使用することで、細かい凸凹をインプラント表面上に作ります。そこに酸エッチング処理をするこで均一化していきます。

その結果、骨への定着をスムーズにすることができるようになります。つまり、患者への負担を軽減することができる大きなメリットを生み出してくれています。

明敬会の
インプラントの費用を見る

監修者紹介

滝澤聡明

滝澤 聡明医療法人社団明敬会 理事長

滝澤理事長の運営するクリニックでは、全国のクリニックでも数少ない「全症例の9割近くをフラップレス手術で行っている」クリニックです。

患者さんのためになる施術・カウンセリングを心がけており、フラップレス手術を推進するのもその思いがあってこそ。

「医療は絶えず変化するもの。だから自分の医院の診療もその変化に必ずついていく」という考えのもと、新しい技術を積極的に取り入れています。

監修者情報はこちら>

運営者情報

ヘルスケア編集部全研本社株式会社

歯を失った場合の治療として、主流になりつつあるインプラント治療。しかしフラップレス手術は、ネット上はおろか書籍でもまだまだ情報が少ない治療方法です。

「メスを使わないインプラント」は、我々患者にとってメリットが大きいはず。そこで当編集部は、フラップレス手術を前面に押し出している医療法人社団明敬会に取材を申し込みました。

運営者情報はこちら>

免責事項

切らないインプラント施術 フラップレス手術のすべて
監修:医療法人社団 明敬会

タキザワ歯科クリニック
03-3685-1444

湘南藤沢歯科
0466-37-3090

一般的な費用相場
190,000~400,000円程度(税抜)
※インプラント1本の埋入価格

【インプラント治療にかかる期間】
インプラント治療にかかる期間は、平均6ヶ月~12ヶ月。

主なデメリット
歯茎の骨の形状、神経の走り方によって受けられない人がいる。

Twitter
Facebook